私の毛量は半端な位強くて太い。

小さな頃は、そんなに気にならなかったですが小学生に入った頃から眉毛が繋がっていたりして物心がつきだした小学生高学年の頃には自分で眉毛と眉毛の間をカミソリで剃っていました。

小学生の卒業式に気合いを入れて剃りすぎてしまい、眉毛と眉毛の間が広くなりすぎてバカな顔に、段々と修正しようとして眉毛も細くなってしまいヤンキーでもないのに変な顔になってしまいました。

中学生になりロングヘアーだったのですが、周りのみんなはショートカットに。

私も思い立って、父が行っていた理髪店になるべく短くとおばさんの理容師さんに注文をして、いざバッサリ切ってみたら、針ネズミみたいに髪の毛が、ぜーんぶ逆立って、おうちに帰って母に見せると泣き出してしまい。その理容師さんに電話をかけて、限度があると思うのですが。と泣いて怒って電話をしていた記憶があります。

次の日から髪の毛が逆立つのでピン止めでとめまくって学校に行った覚えが、あります。高校に入り恋愛もし、色気付いてくるのですが、授業中に毛抜きを持って腕の毛を抜いていました。

おうちでは、鏡を見ながら眉毛を整えながらほとんど抜いていました。脇の下も顔がひんまがるくらいに視点を合わせてカミソリで剃り、肌も荒れ、毛抜きを駆使して抜いていました。

毛の太さもどんどん太くなってくると、抜きやすくなりますがどんどん太くなり遠目で見てもおじさんのアゴヒゲみたいにぶつぶつしていたので、高校生時代も勉強そっちのけの毛を抜く作業に必死でした。

口の周りの産毛も、濃くて1、二本 毎朝チェックしながら伸びてきたら抜くという。高校を卒業してやっと脱毛というのに出会いました。天神で安い脱毛サロンをまとめたサイトを参考に脱もうサロンを選び、アルバイトのお給料を突っ込み、脇脱毛に通っていました。

 

今、二本位出てくるのみです。後、Vラインは、就職が決まってから、頑張ろうと思いましたがなかなか、他人に見せるのは、恥ずかしいので行けなくて自分で処理していました。

水着になる季節に友達が、線香を焼いて毛の先に当てると毛の先っちょが丸くなるからはみ出ないよと教えてもらえたのでやってみましたが、一本一本やるのがめんどくさくなり、ライターの火でやってみたら、乾燥していたのか、一気にボワーッと、燃えて、大火傷をしそうになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です